動画ガイド検索

歴史も深く、見どころたくさんな寺院と参道!





「男はつらいよ」のロケ地で有名!「柴又帝釈天」掲載日:

場所 東京都葛飾区柴又七丁目10番3号
日時 5:00~20:00
PRポイント
  • 葛飾区柴又で最も有名な寺院「柴又帝釈天」。
    境内や参道を散策しながら、下町の風情を堪能できる観光スポットです!
  • グルメ
  • デート
  • ファミリー

葛飾区柴又にある、日蓮宗の寺院「柴又帝釈天(しばまたたいしゃくてん)」。
正式名称は「題経寺(だいきょうじ)」ですが、帝釈天信仰が盛んになって以来「柴又帝釈天」として有名になった経緯があります。

・広々としていて、散歩や散策にうってつけな「境内」
・入口に堂々と建ち、存在感を放つ「二天門、二天像」
・持国天と毘沙門天を安置する「帝釈堂」

など、見どころも多くある、歴史あるお寺です。

また柴又帝釈天は、様々な作品の「ロケ地」としても有名!
夏目漱石の「彼岸過迄」にも登場したほか、最も有名な作品と言えば「男はつらいよ」ですね!
寅さんファンなら必ず訪れたい、定番の観光名所となっています。

柴又帝釈天を訪れるなら、「柴又帝釈天参道」も一緒に観光してみてください!

・草だんご
・焼きだんご
・せんべい

などなど、食べ歩きながらぶらぶら散策するのにぴったりな観光スポットです!
「男はつらいよ」そのままの、下町情緒あふれる雰囲気を楽しむことができます。

派手な観光地ではありませんが、その分風情を感じられるスポットとなっています。

公式HPはこちら

  • 周辺案内図。やっぱり寅さんは有名ですね!

  • 境内には、いろんな見どころスポットが点在しています。

  • お寺巡りもぜひ!

  • ロケ地で有名になってしまいましたが、お寺らしい静けさも感じてみたいですね。

  • 参道も一緒に、ゆっくりと散策を楽しみましょう!