動画ガイド検索

バイヤー選りすぐりの日本全国の逸品が集結



神田青果市場跡が、秋葉原で「食文化の街」として誕生掲載日:2018/10/16

場所 JR山手線・京浜東北線 秋葉原駅 電気街口より徒歩約1分
日時
PRポイント
  • ものづくりの街「2k540 AKI-OKA ARTISAN」の第二弾として誕生
  • デート
  • ファミリー

かつてこの場所には神田青果市場(やっちゃ場)があり、食にまつわる商売が賑わいを見せていたのですが、青果市場が1990年に大田市場に移転し再開発が行われました。
ちゃばらは、そんな高架下から日本の食文化を発信する施設として誕生した施設。東京ではここでしか手に入らない食品を扱う「日本百貨店」や数十種類のコーヒーを生豆から焙煎する「やなか珈琲」、素材の良さを活かした調理法で食事の楽しさを日常の中に取り入れられる精進料理店「こまきしょくどう―鎌倉不識庵―」(ふしきあん)などが入店しています。

公式HPはこちらから
http://www.jrtk.jp/chabara/

  • 昔の駅標記をモデルとした看板!

  • 店内には様々なショップがありますよ!